ここから本文

ホームページデザインで
皆を笑顔に


問い合わせや反応が来るとうれしいものです。問い合わせが来るホームページデザインのコツ一言でいえばみんなに伝えることです。シニアやハンディをもった方にきちんと伝える。

シニア世代やハンディを持つ方。。。いわゆる「社会的弱者」と呼ばれる方に使いやすいものは実は全ての人に使いやすい。これがユニバーサルデザインの考え方。それはホームページデザインにもあてはまるのです。

 

アクセシビリティーについて

 このホームページはキーボード・コントロールを含めてアクセシビリティの向上を指向したホームページデザインとなっています。

 詳しくはアクセシビリティの改善点のページをお読みください。

こんばんはの手話イラスト

■東日本大震災からリスタートするために ・私たちの想いと取り組み

ユニバーサルデザインホームページ

手話通訳付き挨拶動画 いまや国民的ツールになったインターネット。少し前は若い世代のものでしたが、パソコンやスマートフォンの増加で、シニアも含めた全世代共通のツールになりました。

 ユニバーサルデザインという言葉を聞いたことがあると思います。老若男女、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設や情報のデザインのことです。

 まさにインターネットの世界でこのホームページデザインが求められています。文字の大きさや背景色の変更、画面の読み上げなどアクセシビリティの改善は、もともとは視覚や聴覚などにハンディを持つ方のためのものでした。でもそれはシニアのみならず、全ての人に優しい改善です。

あなたのホームページは障がいの有無、年齢の高低に関わらず、わかりやすいものになっていますか

それによって大切なお客様を離してはいませんか。

 

 新規顧客創造・ホームページデザイン

 伝えるべき情報を、伝わっていなかった人に伝えること。それはとりもなおさず、新しいお客様を作りだすことに他なりません。それがあたりまえの社会、それがノーマライゼーションです。


XOOPSを使ったブログ型サイト構築例

いいずな書店

JMGネット

テコ・サービス

田辺オフィス

エビマン.NET


ホームページデザインのトレンドは

こんなことができないか、よくお客様から訊ねられるのは──。

オーナー様自らデータ更新したい

専用画面にログインし書き込むことができるのが一般的です。ワードプレスやムーバブルタイプなどのブログプログラムやズープス(XOOPS)などのマネジメント・システムを使います。

デルタネットでは、後から様々な機能を追加することが容易に可能なXOOPSを使ったホームページデザインをお勧めします。

FACEBOOKを使いたい

利用者が増え続けているフェイスブック。その中のホームページと言える『FACEブックページ』を作ることができます。個人ページはアカウントがないと閲覧も書き込みもできませんが、この『フェイスブックページ』はアカウントがなくても閲覧可能です。ブログの記事を自動的に読み込むこともできます。


iPhoneホームページを作りたい

iPhoneなどスマートフォン。現時点でケータイを新規購入あるいは買い換える人の70パーセントがスマートフォンを選んでいます。PC用ホームページでも閲覧は可能ですが、やはりそれ専用にレイアウトされた画面の方が見やすいです。パソコン用とスマートフォン用の両方を連動させたホームページデザインがトレンドです。

 サイト構築の方法は大まかに3種類あります。 ≫スマートフォンホームページデザイン頁を見る

iPadなどタブレット型端末用ホームページデザイン

各メーカーによって様々な大きさのあるタブレット端末。スマートフォンほど爆発的に増えているわけではないようですが、着実に定着しています。

FACEBOOKページ構築例

デルタネットフェイスブックページ

デルタネット

でんだひろみ・まちづくりクラブフェイスブックページ

でんださん

株式会社エコ・アイフェイスブックページ

エコ・アイ様

スタジオ・フォンテフェイスブックページ

スタジオ・フォンテ様

染太郎フェイスブックページ

染太郎様


原点はここから。リスタートするために

蕎麦打ち研究会。富澤アサヒコンストラクト株式会社社長と準備中

蕨のナンバー1バンド・オーケーズ。活動再開

徒然リポート



フッター