ユニバーサルデザインホームページでWebノーマライゼーションを実現するためにW3C世界標準やJIS規格で「設計指針」が定められています。

 

  • miチェッカーによるチェック画面

    miCheckerによるチェック

    ウェブコンテンツJIS規格

    私たちは、埼玉県・鶴ヶ島市のホームページデザインオフィスです。アクセシビリティを重視したユニバーサルデザインホームページを責任持って制作します。勿論、最新SEO対策を常に研究、取り入れています。

     

    日本のホームページの規格である「高齢者・障害者等配慮設計指針 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス 第3部:ウェブコンテンツ(JIS X 8341-3:2004)」(ウェブコンテンツJIS)が2004年6月に制定されました。さらに2010年改訂され、「JIS X 8341-3:2010」となりました。

    これにより国や地方公共団体がホームページのアクセシビリティを確保することが事実上義務づけられました。

    同時に、これは今後、全てのサイトが準拠、ユニバーサルデザインホームページ化していくための指針と言えます。

    車イスのひとがパソコン操作しているイラスト

    ユニバーサルデザインガイドライン

    健常者にもシニアにもハンディを持つ方にもわかりやすいユニバーサルデザインホームページを目指すべきという考え方から、ウェブコンテンツJISに基づいて総務省から「みんなの公共サイト運用モデル」がガイドラインとして示されています。

    このガイドラインに基づきデルタネットデザインは最低限以下の対策をとることが望ましいと考えました。

    私たち自身、文字の大きさの選択ができると実際、ありがたい。

    背景色の変更は研究の余地があり、黒バックに白文字はコントラストが強すぎて却って見づらいという指摘もあります。ウェブコンテンツJISでは4.5:1のコントラスト比を確保するように定められています。実際に使う色はカラ―ユニバーサルデザインのチェックをし決定する必要がありますが、ご覧になる方が見やすいものに変更できる選択肢はあった方がよいと思います。

    これらは全てスクリーンリーダーに対応させた上で、簡易的な読み上げファイルが付いていればセットアップなしに聞けるので楽。マウスを使わないで次ページに行くのは基本です。このアクセシビリティのチェックは総務省が提供している「みんなのアクセシビリティ評価ツール」(miChecker)やFujitsu WebInspectorなどで行っています。

     

    ユニバーサルデザインホームページ

    ○スクリーンリーダーへの対応

    ○本文テキストの大きさ変更

    ○背景色の変更

    ○キーボード操作のみでの次ページへのジャンプ

    ○スクリーンリーダーのセットアップを必要としない簡易的読み上げ

  • ユニバーサルデザインホームページを支えるハードウェアはどうなっているのでしょうか。

     

    ハンディを持つ方のインターネット利用率

    総務省情報通信政策研究所が2002年に行った調査研究では、視覚障害者の69.7%、聴覚障害者の81.1%、肢体不自由者の43.6%がインターネットを利用すると答えています。

    また、渡辺哲也新潟大学准教授が2007年に行った視覚障害者のコンピュータ利用状況調査では94.7%の方がPCを使用し、93.5%の方がインターネットを利用していると答えています。

    サンプル数が異なるため、一概に比較することはできませんが、 同時期の全国平均の利用率が73.0%(平成22年情報通信白書)であることから、 ハンディを持つ方のインターネット利用率の高さが際立っています。

     

    アクセシビリティの現状

     しかしながら、接続機器=パソコンは決して障害者にとって使いやすいものではありませんでした。

    前記調査で84.4%の視覚障害者がスクリーンリーダーソフトを使っていると答えていますが、 パソコンに標準装備するものは日本語に対応していなかったり、機能的に劣るためにアプリケーションそのものを購入する必要がありました。

     

    改善の兆し

     ハンディを持つ方に優しいとはいえない情況ですが、それでも少しずつ改善されつつあります。

    例えばマッキントッシュの最新OS10.7では日本語音声によるコントロール、画面の読上げ機能が標準でセットされました。

    また、アイフォン4では画像通信時に電話回線ではなく、より高速なWiFiを利用することで、スムーズな動画のリアルタイム送受信ができるようになりました。これにより、手話による通話が可能になりました。 すでに、スマートフォンでは音声によるコントロール、音声による入力が可能になってきています。

     

    ホームページも改善を

     これら、ハードウェアのアクセシビリティの改善に比してユニバーサルデザインホームページ化はまだまだ進んでいません。

    これは主としてHTML言語に規定されたもので、アクセシビリティの改善・ユニバーサルデザインホームページ化はコストのかかることでした。言語技術の進歩によってコストダウンが可能になったのです。

     

     

  • ユニバーサルデザインホームページは何故必要か

    私たちは高齢者やハンディを持つ方から多くのことを学んできました。ユニバーサルデザインホームページを指向するのはこうした方たちを情報から隔離させることは実は、私たち自身にとってマイナスなのです。年輪を経て培ってきた知恵や経験は大変貴重なものだからです。

     

    ノーマライゼーションとは

    ノーマライゼーションを誤解している方がいるかもしれないので、説明しておきます。辞書を引いたりすると「正常化」と出てたりするかもしれません。ハンディをもった人やお年寄りなどの「ノーマル」でない人を「ノーマライズ・正常化」しようなんてことではありません。

    人は皆それぞれ、多かれ少なかれ何らかのハンディキャップを持っているものです。完璧な人間なんていないのです。大きなハイディを持つ人も小さなハンディを持つ人も、いろんな人がいる、これが自然な「普通」な状態なんだ。だから、この「ふつう」な人々が誰もがありのままで同じように生きられる、これが「正常」なんだということ。そうなるように社会のあり方から、もののデザインから見直してみようということなのです。

    ホームページもみんなが同じように使えて、同じ情報を得られるようにすること。そこに年齢や障がいがバリアになっていてはいけないと思います。そういうユニバーサルデザインホームページが求められています。

    私たちは例えば、下の写真に写っている100歳のおばあちゃまでも、扱えるサイト設計をめざして、常に検証していきたいと考えています。