ホーム >  編集制作 >  制作 >  家光大奥・中の丸の生涯
家光大奥・中の丸の生涯 高ヒット
2015/8/28 10:23 投稿者: manager (記事一覧) [ 502hit ]
狩野探幽と尽くした徳川太平の世
三代将軍家光の御台・孝子(中の丸)と狩野派の奥絵師・探幽。
信長忠臣・佐々成政の孫だった二人は太平の世を希求し、徳川家の和合を実らせる。

知られざる真相を解き明かす渾身のノンフィクション・ノベル

佐々成政研究が一段落した平成初年、京都に成政の供養寺・慈眼寺(上京区出水通七本松)が存在していることを知った。成政正室・慈光院が夫の切腹後(一五八八年)、慈眼庵を建立。娘・岳星院(鷹司信房室)を経て、寛文三年(一六六三)、孫娘・孝子によって現在地に再建されたという。
この慈眼寺を訪ねたことが機縁となり、成政の孫・孝子について取り組むことになった。徳川家光夫人となった女性である。
制作 )
電話番号H01
カテゴリ内ページ移動 ( 38  件):     1 ..  32  33  34  35  36  37  38